温泉成分について⑤

今日は、スケールについてです。 温泉成分で一番、ご相談が多いのは、スケール固着です。 スケール固着の要因は、様々ありますが、概して 泉温が50℃以上の温泉はスケール生成率が高くなります。 (含有している成分によっては異なります) そして、比較的にナトリウム(Na)、カルシウム(Cl)が 多い泉質にスケール固着がみられます。 更に、鉄分が含まれるとスケールが褐色になり 強度も増します。そんな温泉の問題解決はとても大変です。 温泉を解析して、その温泉を見極めて、対処方針を決めるには 様々な角度から検討しなくてはなりません。 どんな業者でも、できるものではないのです。

▲スケールが固着した送湯管の内部

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA