今日も暑かった

温泉施設の認識は「高級=掛け流し」というイメージが
いまだに多くの方が、そのような認識でいるようです。
しかしながら、世界的な「サスティナビリティ」が叫ばれている中で
果たして温泉だけが「掛け流し=垂れ流し」でいいのでしょうか?
温泉は「汲めども尽きぬ」と思われていますが、
どの温泉も「無限」な温泉は一つもありません。
温泉は全て「有限」なのです。地から湧き出ずる貴重な天然資源の温泉を
ただ単に無駄に垂れ流していることが良いはずがありません。
この貴重な天然資源の温泉を無駄なく、活用することが急務であると
私は思います。そのための技術と経験・ノウハウがあります。
温泉も天然温泉を上手に使って、温泉サスティナビリティの
構築に努力したいと思っています。
日本の温泉文化が末永く、未来永劫に引き継がれていけるよう
私たちは、更なる成長を遂げていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA