温泉設備の衛生管理について

まだまだ、温泉設備の衛生管理については

誤認識というか、勘違いされている方々が多いと感じます。
レジオネラ属菌対策や、塩素濃度管理など、
管理される側がしっかりとした認識のもと
衛生管理を行わないと大事故にも発展しかねません。
レジオネラ属菌のメカニズム、塩素の特性、濃度管理等々
温泉設備の衛生管理については、どれ一つ取ってもとても大事なスキルです。
もう少し、掘り下げて考えることが必要であると感じることが多々あります。
知らないことは恥じることではありません。それよりも知らないで行うことが
どれほど、危険であるかということを認識してほしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA