温泉設備の考え方

最近、特に思うことは、やはり温泉施設(ホテル・旅館等)であれば

いかに目に見えないところの縁の下の力持ちとでもいいましょうか
「いいお風呂」をつくるための設備に、どれだけ関心を持ち
注意を払っていくかが、その施設が成功する大きなカギとなっている
気がしてなりません。ここにきて、そのような案件のお問い合わせが
だんぜん多くなりました。経営者であれば、費用対効果を最優先に考えるのは
至極当然のことと思いますが、温泉施設を長く、栄華を維持させるためには
設備維持保全がとても重要であることを再度、認識していただければ幸いです。
箱根登山バス 後部広告原稿.jpg

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA