温泉成分について②

今日はpH値について

pH(ペーハーと読む)は数値が高ければアルカリ、低ければ酸性、中間が中性となります。
具体的な数値での見解は、その検査機関によって、若干の差があるようです。
このpHが温泉に含有されているミネラルと反応して様々なことを起こします。
他にもたくさんの要因・原因で設備機器に影響を与えます。
我々、動植物にとってはとても有効な成分を有します。
限りある温泉を無駄なく有効に、これが私の願いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA