温泉成分について③

今日は、温泉成分に含まれる硫酸イオン(SO⁴)についてです。

温泉分析表に記載される陰イオン内の硫酸イオン(SO⁴)です。
この成分は読んで字のごとく、硫酸です。この数値が200㎎を超えますと
金属に対する腐食作用が大きくなります。ただし、これに㏗値が大きく関係してきます。
この辺が分からないと機器選択を大きく誤ります。
実際は、これだけではありませんが、温泉を解析する時に
とても重要な成分なのです。
RIMG1610.JPG

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA